スーパーフードにはどんな種類があるの?

23423dc83d7c390fa6049cb4953eb810_s

一言でスーパーフードとは言っても、実にさまざまな種類があり、果物や調味料、お茶などの飲み物、ナッツ類などいろいろあります。本来、厳密にスーパーフードの定義としては、低カロリーであることと、1つの食材で12種類以上もの有効成分が含まれていること、食品とともにメディカルハーブとしての要素を備えていることといった要素がありますが、あまり深く考える必要はありません。

ある特定の栄養素が高くて、ヘルシーな食材や飲み物、調味料であれば、スーパーフードとしてテレビや雑誌などでよく紹介されています。わたしたちが身近によく知っているスーパーフードと言えば、その代表格がとしてココナッツオイル、アサイー、オリーブオイルなどがあります。

ココナッツオイルは、ココナッツの果実から採取されるオイル成分であり、アサイーはアマゾンのフルーツであり、オリーブオイルはオリーブの果実から採取されるオイル成分です。いずれも抗酸化力が強いことで知られており、わたしたちの身近な食生活の中で、まだまだなじみの薄い食材もたくさんあります。

スーパーフードは、日本国内で栽培されている自然の果物や薬草などもありますが、海外から輸入される食材や飲み物もあります。さきほど紹介したアサイーやココナッツオイルは、いずれも海外からの輸入品です。近年は、日本でもとてもと食されていた食べ物や飲み物が、海外で爆発的に人気が出て、スーパーフードとして紹介されているものもあります。

日本古来の伝統的な飲み物には緑茶がありますが、とくに近年は海外で緑茶を愛飲している人が増えており、スーパーフードとして紹介されているほどです。わたしたちが身近によく知っている食材やふだんよく食べている食品が、スーパーフードとして紹介されることもあります。いろんな種類の食品かありますが、身近な食材がこのように紹介されると、爆発的な人気商品になるので、不思議な気もします。



スーパーフードにはどんな種類があるの?

スーパーフードとは? | スーパーフードの基礎知識