九州でイチオシのスーパーフードをご紹介します

9d803dbe9af146859f3de0c91cf4f28e_s
大分と言えばかぼす! お吸い物やお刺身に必須の柑橘類

他の都道府県に住んでいる人に、「大分で有名な食べ物は?」と聞くと、ほとんどの人が関あじ・関サバと答えますが、魚料理を食べる時に欠かせない、大分県ならではのスーパーフードについてご存知でしょうか。

「なにコレ珍百景」の番組では、大分県のかぼすが紹介され、一躍有名になりました。かぼすは、柑橘系の果実であり、すだちやゆずのように料理によく使います。
かぼすの存在自体は、とくに珍しいことはありませんが、テレビで紹介された内容は、大分県人はどんな料理にもかぼすを搾ってかける、この風景が珍百景として紹介されました。

かぼすの生産量のうち、ほぼ95%が大分県産で、お吸い物や刺身、味噌汁、サラダなどいろんな料理にかぼすを搾って食べると、柑橘系の香りに癒やされ、酸味が加わり、おいしくいただけます。ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれていて、女性の美肌作りや疲労回復、ストレス解消、アンチエイジングにもおすすめです。


ジューシーな味わいの宮崎マンゴーは九州一のスーパーフード

九州の中でも南国の楽園と呼ばれる宮崎県で、有名なスーパーフードと言えばなんといってもマンゴーですよね。東国原知事が宮崎県産のマンゴーを宣伝したことから、全国的にも人気が高くなり、今やお中元の品としても贈られるようになりました。

これまで、マンゴーは海外からの輸入品がほとんどで、価格は安いものもありますが、濃厚な甘さとコク、ジューシーな味わいは、やはり宮崎県産のマンゴーにはとうていかなうものではありません。

それもそのはず、宮崎県の農家の人々が丹精こめてじっくりと時間をかけてマンゴーを栽培しています。国産マンゴーは、価格が安いもので1個1000円くらいのものもありますが、宮崎県産のマンゴーは5000円~1万円のものもあります。もっとも甘みが強いのは完熟マンゴーで、果肉が柔らかくて濃厚な味わいが魅力です。


九州でイチオシのスーパーフードをご紹介します

スーパーフードとは? | スーパーフードの基礎知識